山ごはん

【簡単】メスティンで麻婆豆腐丼を作る!!

こんにちは。
今回、メスティンで超簡単に作れる麻婆豆腐丼を作りました。せっかくなのでレシピをご紹介します。

このレシピならキャンプでは麻婆豆腐丼を作れそうです。登山は豆腐を山頂まで持って行けるか問題がありますので、ちょっと微妙かもしれません。

麻婆豆腐丼の材料

メスティン麻婆豆腐丼の材料は以下です。

ご飯0.6合
お水120cc
麻婆豆腐丼の素1つ
豆腐0.5丁
ネギ少々

挽肉に豆板醬から作るのも美味しいのですが、アウトドアでは手間がかかりすぎるのでパスです。麻婆豆腐の素ベース作ります。

麻婆豆腐の素を選ぶポイントとして、ひき肉入りを選びましょう。ひき肉なしの麻婆豆腐も結構あります。私は四川激辛麻婆豆腐が好きなので、激辛にしました。辛さはお好みで調整してください。

麻婆豆腐丼のレシピ

麻婆豆腐丼のレシピをご紹介です。作成時間はだいたい30分くらいです。ご飯の炊飯時間とイコールです。時短できることが非常に重要です。

炊飯と同時に麻婆豆腐の素をあたためる

水、お米、ネギを入れたメスティンを火にかけ炊飯します。私はいつも通り固形燃料で温めました。

この時にメスティンの上に豆腐と麻婆豆腐の素をのっけて少し温めます。後でメスティンに投入するときにさすがに常温はイマイチなので温めるぐらいです。

こんな方法でもしっかりと豆腐も麻婆豆腐の素も温まります。さすがアルミの熱伝導力です。

ご飯を温めだして、あと5分くらいで炊飯終了かなという時間まで待ちます。

材料を全てメスティン入れてあたためる

あと5分くらいで…と思ったらメスティンの蓋をあけて、麻婆豆腐の素と豆腐を入れます。

入れたらすぐに蓋をしめます。熱を少しでも逃がさない様に手際よく作業します。

そのあとは通常の炊飯と蒸しです。10分くら待ちです。

待っている間も麻婆豆腐の香ばしい香りがしてきて、食欲をそそります。

蒸しが終わったら完成です。加熱しただけなので、あまり見た目は上の写真と変わらなかったので、わけぎを少しだけのせました。

これは見た目の問題なのでなくても十分だと思います。

熱々でピリ辛で非常に多いです。ガツガツ食べてしまえる味です。誰でも美味しく食べれる味で素晴らしいと思います。さすが中料理万能の味です。

【参考:作り方動画】

まとめ

こんな感じで簡単に麻婆豆腐丼を作れます。麻婆豆腐丼は最高に食欲を誘ってくるメニューなのでぜひお試してください。

豆腐ではなく、麻婆ナスもよいですが、ナスの場合は、最初からナスだけメスティンに入れて炊飯するようにしましょう。

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-山ごはん

Copyright© Mountain-Times , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.