山ごはん

メスティンで”豚の生姜焼き風丼”を作った!!【自動調理】

こんにちは。
最近、毎日メスティンでご飯を食べています。今日はは、豚の生姜焼き風丼を作成しました。
風と言っているのは、お米炊飯時にメスティンに豚肉を入れることで、肉を蒸し焼きしているからです。ふつうのフライパンに油ひいて焼いたものとは異なります。

今回のレシピは固形燃料を使用すれば自動的に作成可能です。


この記事でわかること

・メスティンで作る豚の生姜焼き風丼の作り方


豚の生姜焼き風丼の材料

今回の豚の生姜焼き風丼の材料は以下のとおりです。


材料分量
お米0.6合
お水110ml
豚肉80グラム
たまねぎ1/4個
醤油おおさじ2杯
みりんおおさじ2杯
チューブの生姜3センチ

材料(たまねぎと豚肉)

 これだけの材料で簡単にメスティン豚の生姜焼き風丼を食べることができます。キャンプでも持ち運び可能なくらいです。

 今回、生姜は生の物を使う方がもちろん美味しいのですが、キャンプや登山ですりおろしなんてしないだろ?ということでチューブを使用しています。

 


豚の生姜焼き風丼のレシピ

 今回の豚の生姜焼き風丼は、タマネギと豚肉をご飯と一緒に炊くレシピです。
 キャンプや登山で作る際に生の持ち運びは不安という方は、自宅であらかじめ火を通してジップロックなどで持ち運びするようにしましょう。

 作成時間は、お米の炊き始めから30分程度です。

 なお、以下のレシピは、お米に水分を吸い取らせる工程を記載していません。メスティン炊飯の基本事項のためです。


豚肉とたまねぎを切る

 お米に水分を吸わせている間に豚肉とタマネギをきります。
 いわゆる食べやすいサイズで切ります。玉ねぎはわりと多めでも熱を通すと小さくなるので安心してください。


メスティンにタマネギ、豚肉を投入し、炊飯

 既にお米の入っているメスティンに先ほどきったタマネギと豚肉を投入します。重ならないようにみっちり入れましょう。


メスティンに材料を入れる

 豚肉が薄いのであまり、ボリュームがあるように見えないのが残念です。


 そして、通常通りご飯を炊飯します。固形燃料の放置で大丈夫です。


メスティンを火にかける


ご飯を炊いている間に、醤油とみりん、生姜をまぜます。


炊けたご飯に調味料を入れる

 ご飯もほぼたけて、固形燃料の火があと少しで消えるなとなったら、勝負の時間です。

 迅速にメスティンをの蓋をあけて、醤油、みりん、生姜を混ぜたもの流し込みます。

 はやくしないと熱が逃げるので迅速に入れる必要があります。


 その後は通常通り、火が消えるのをまち、10分ほど蒸します。

 完成です。メスティンですが、ちょっと色が薄いです。しかし、食べたらしっかり生姜の味がします。おいしい!!

 油で肉を炒めていないから、ヘルシーな分、少し食べ応えは落ちてしまいます。


豚の生姜焼き風丼完成

豚の生姜焼き風丼完成

 味はもちろんバッチリです。お好みで七味唐辛子や山椒をふっても美味しいです。


まとめ

 今回は、メスティンで作る豚の生姜焼き風丼のレシピのご紹介でした。簡単レシピなので、ぜひ皆さんも試してください。

 今度は、もっとしっかりした肉で作ってみようかと思います。少々ボリューム感がなかったです。

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-山ごはん

Copyright© Mountain-Times , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.