山ごはん

メスティンで作る親子丼のレシピ!!簡単で美味しい。

こんにちは。今回は、メスティンで親子丼を作成しました。

いろいろなレシピがありますが私はお米と一緒にたまねぎと鶏肉を熱すことで時短メニューとしました。さらにポイントは、今回のレシピは固形燃料を使用すれば自動的に作成可能です。

この記事でわかること

・メスティンで作る簡単親子丼のレシピ

親子丼の材料

今回の親子丼の材料は以下の通りです。至って普通の親子丼のレシピです。

材料分量
お米0.6合
お水110ml
鶏肉120グラム
たまねぎ1/4個
めんつゆ30ml
たまご1個
メスティン親子丼の材料

 これだけの材料で簡単にメスティンで親子丼が作れちゃいます。と言いうか、普通の親子丼の材料です。

 今回、めんつゆを利用しているのは、めんつゆが醤油・だし・みりん・酒の入ってる万能調味料だからです。野外で作成するのに細かい調味料をもってくのをはぶけます。

親子丼のレシピ・調理時間

 今回の親子丼は、タマネギと鶏肉をご飯を炊く時点で一緒に投入するレシピです。
 キャンプや登山で作る際に生の持ち運びは不安という方は、自宅であらかじめ火を通してジップロックなどで持ち運びするようにしましょう。

 今回の親子丼の作成時間は、お米の炊き始めから30分程度です。

 なお、以下のレシピは、お米に水分を吸い取らせる工程を記載していません。メスティン炊飯の基本事項のためです。

鶏肉とたまねぎを切る

 お米に水分を吸わせている間に鶏肉とタマネギを切ります。鶏肉はかならず火を通す必要があるため、気持ち小さめに切ります。
 ご飯と一緒に熱を通す都合で鶏肉ためにもうちょっと火を当てようは難しいです。

メスティンにタマネギ、鶏肉を投入し、炊飯

 既にお米の入っているメスティンに先ほどきったタマネギと鶏肉を投入します。重ならないようにみっちり入れましょう。

メスティンに材料を入れる

 一方で鶏肉がミスティンに密接すると火を通す過程でミスティンにへばりついてしまう可能性があるので、注意してください。

 そして、通常通りご飯を炊飯します。固形燃料の放置で大丈夫です。

メスティンを火にかける

炊けたご飯に卵とめんつゆを入れる

 ご飯もほぼたけて、固形燃料の火があと少しで消えるなとなったら、勝負の時間です。 迅速にメスティンをの蓋をあけて、卵とめんつゆを流し込みます。そして蓋をします。はやくしないと熱が逃げるので迅速に入れる必要があります。

メスティン親子丼卵入れる前

 今回の私の反省点ですが、卵の後にめんつゆを入れましょう。そうしないとめんつゆが下まで行ってしまい、メスティンに焦げ付きます。そして、洗うのが面倒になります。

 その後は通常通り、火が消えるのをまち、10分ほど蒸します。

 完成です。メスティンですが、普通に親子丼になっています。

メスティン親子丼

 味はもちろんバッチリです。お好みで七味唐辛子や山椒をふっても美味しいです。

まとめ

 今回は、メスティンで作る親子丼レシピのご紹介でした。使用するのは、メスティン、包丁、まな板、菜ばし、卵をとく容器だけです。洗い物も少なくて楽です。

ぜひメスティンで親子丼を作りましょう!!

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-山ごはん
-,

Copyright© Mountain-Times , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.