登山

大倉登山口のヤマカフェ(YAMACAFE)でカレーライスを堪能した!

塔ノ岳や鍋割山など表丹沢の登山口で有名な大倉。
大倉のバス停の横にはヤマカフェ(YAMACAFE)という喫茶店があります。
登山用品なども販売している少しかわったカフェです。

今回は、塔ノ岳からの下山後のこのヤマカフェでカレーライスを食べました。
辛くない濃厚な味わいで美味しいカレーでした!!



ヤマカフェのメニュー

ヤマカフェはカレー以外にもいろいろあります。
カフェらしくケーキとコーヒーもありますし、みそ田楽などもあります。
お酒もおいてあります。



大倉でバスを待っている間に誰でもゆっくり食事を楽しめるメニューです。
私は注文しなかったのですが、皆さんソフトクリームを注文されていました。

横目で見ましたがとても美味しそうでした。

全般としてバスのお客さんを軸に考えているのか、お酒類も充実しており、ワインから日本種までいろいろあります。
日本酒は、丹沢銘柄が用意されていました。

ビールと焼き鳥

塔ノ岳からの下山の疲れをいやすためにカレーの前にまずはビールを注文。
ビールのサイズは、グラス・中ジョッキ・大ジョッキと様々なサイズがあります。

中ジョッキといっても小さい店もありますが、ヤマカフェはしっかり中ジョッキでした。
登山後のビールは最高!!がぶがぶ飲んでしまう。


実は、ビールを注文すると100円で焼き鳥を2本つけることができます。
味はたれと塩を選べるので、塩を選択。

ビールのおまけなので、わりと小ぶりの焼き鳥がすぐに到着。
大きくはないですが、ビール1杯のあてには十分な量です。

バスを待っている間で飲むには十分です。

おまちかねのカレーライス

私は無類のカレー好きであり、山でたべるならまずはカレーライスという人間です。

ヤマカフェでも当然のようにカレーライスを注文。
お値段は850円と高くもないし、安くもないお値段です。

カレーは、できあがりまで少し時間がかかると思いましたが、5分もしないで到着。
早いです。


カレーは割と黄色味の強い色合いのカレーです。
具は、肉よりも野菜の多いやさしいカレーライスです。
ルー自体は、粘度は低く汁っけの非常に多いカレーでした。

さっそく実食。

味は、見た目通りあまり辛くないです。
辛さより出汁というかコクの方を感じます。濃厚という方があっています。
味わい的にはお子さんでも十分食べれる味です。

具はあまり多くなく、野菜が中心となっています。
野菜の甘みが口に広がり、野菜カレーのような味わいです。

ボリュームは、正直登山後と考えると少し足りないかな・・・という感じです。
具沢山でもなく、お肉より野菜の多いカレーであり、ご飯も極端に多くないです。

大倉公園に遊びにきての昼食なら満腹。
登山後のがっつりした食事として考えると少しものたりないという感じでした。

まとめ

表丹沢の拠点である大倉口にあるYAMA CAFEのカレーライスは、あっさり目のカレーでした。
大倉は登山の拠点でもあり、公園でもあるため、折衷とった味わいなのかなと思いました。
食事は全般として出てくるのが早いので、バスの待ち時間が長い場合は、十分に食事を楽しめるお店です。

大倉に下山した際は、ぜひ利用してみてください。

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-登山

Copyright© Mountain-Times , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.