登山 登山情報

アウトドア用品のネット買取はGEAR HACKとメルカリどちらが良いか?

こんにちは。今回は、ネットアウトドア用品買取最大大手のGEARHACKとご存じメルカリを比較して、不要となったキャンプや登山で使ったアウトドア用品の販売はどうするのがベストか考えたいと思っています。

この記事でわかること

・アウトドア用品をネットで買取依頼する場合は、GEARHACKとメルカリどちらを利用した方がよいのか?

想定読者

・不要とななったアウトドア用品の処分方法に迷っている方

アウトドア用品の買取(販売)という選択肢

皆さんのご自宅には、キャンプや登山のレベルがあがり新しいモデルを買い不要となった道具や、使ってみたら思っていたイメージと違いもう使わないと思っている動画あると思います。

こういったものは、単純に捨てるのではなく、買取(販売)という選択肢があります。

私自身不要となったものは、基本的に買取(販売)を一番の軸に考えています。

理由は、以下の二つです。

  • 売った方がお金になり、登山予算の増加になる
  • リサイクルの方が地球の環境によいため

1点目は明快です。捨てるならお金になった方が良いです。大きなリュック、テントは粗大ごみになり捨てるだけでお金がかかるケースもあります。

もう1点は、アウトドア趣味にするからには地球の環境に少しでも配慮したいものです。捨てしまったらゴミですが、買取をしてもらい誰かが使ってくれればゴミは増えません。
アウトドア当日だけ環境を配慮するのではなく、準備の段階から配慮できた方が素敵だと感じています。

そのため、私は、不要となったアウトドア用品は、買取という形で誰かにつかってもらう方が良いと考えています。

インターネット上の買取依頼方法

近くにアウトドア用品の買取をしているお店が理想ですが、ない場合もあるかもしれません。そういった時は、インターネット上で買取を依頼しましょう。

インターネットでの買取で私がお勧める方法は、二つです。「GEARHACK」と「メルカリ」です。

GEARHACK


GEARHACKは、アウトドア用品の買取大手の会社です。中古のアウトドア用品を買取を行い、買い取った商品の販売もしています。
GEARHACKは、買取依頼商品の見積もり依頼を行うと搬送用のダンボールを送付してくれて、それに商品を入れてGEARHACKに送り返し、見積もり・買取をお願いすることになります。買取金額に納得がゆかない場合は、無料で返却もしてくれます。

メルカリ

メルカリは、ご存知かた多いかと思いますが、インターネット上の大手フリーマーケットサイトです。アウトドア用品に限らずいろいろなものを売買可能です。

メルカリの場合は、自身で商品の説明、写真をメルカリにアップロードすることで出品します。その際に自身で販売価格を設定することが可能です。
買い手が購入手続きを行われると、売買契約となり、商品を購入者へ配送します。
配送方法はものによりことなり、大きな商品だと宅急便業者が自宅まできてくれて梱包してくれます。小さいものは、自身でコンビニなどから郵送することが可能です。

搬送費用については、出品者負担と着払いの購入者2種類を選択できます。私の経験だと出品者負担が多いです。(買い手からしたら販売代金に送料が含まれる)なお、メルカリの場合は売上金の10%がメルカリ側の手数料になるので考慮が必要です。

メルカリ公式HP

メルカリとGEARHACKを比較した

選択肢をメルカリとGEARHACKの二つ紹介しました。
この二つの選択肢を比較しました。比較のポイントは、買取価格と手間です。
この二つが買取方法を選択する場合に高いウェイトになるのかなと思っています。

買取価格の相場

まず買取価格の相場を比較してみます。2020年5月時点の価格です。
メルカリは売り手が買取価格を決めるため、定価ではありませんが、サンプルとして同一商品の買取価格を確認してその平均値段を記載します。またメルカリへの手数料および送料も込の価格である点となります。

当然ながら買取価格は時期やものの状態で変動するので注意してください。

商品名新品定価メルカリGEARHACK
アウトドアワゴン(コールマン)13,800円8,500円程度3,500円程度
焚火台Lスターターセット(スノーピーク)27,280円20,000円程度11,000円程度
バルト65(GREGORY)42,900円25,00円程度16,000円程度

新品定価との差額は、使用することで劣化しにくいものが少ない傾向です。

買取価格は、やはりメルカリの方が高いです。
ただし、こちら金額はメルカリ手数料と送料が入っています。例えばアウトドアワゴンの場合は、仮に送料3400円でメルカリ手数料が700円だとすると実売は4000円程度となります。(送料は業者に箱詰め依頼するサービスにしています)

こう考えるとGEARHACKよりメルカリの方がやや高いくらいです。

買取の手間

買取対応の手間で考えます。

手間は、GEARHACKの方がメルカリより楽です。
メルカリは、自分で商品紹介などをする必要があります。また購入者との調整なども自身で行います。

GEARHACKは、買取申請して、送付されてきた段ボール商品を詰めて送りかえすだけです。比較的簡単です。誰でもできそうです。個人のやり取りもないので、トラブルの可能性も低いです。(メルカリもそうそうトラブルはないですが)

こういった面から手間という意味では、GEARHACKの方が楽です。

まとめ~賢い売り方~

最後に賢い売り方というか買取依頼方法です。

一番は、当たり前ですが、メルカリとGEARHACKの両方を使いより高く売れるよう方売るです。

しかし、メルカリの方は一定のITリテラシーがないと大変です。インターネットを介して個人間で売買することに不安があるかたは、GEARHACK一本の方がストレスがないと思います。

メルカリ公式HP

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-登山, 登山情報

Copyright© Mountain-Times , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.