登山情報

秩父登山は「秩父フリーきっぷ」でお得に楽しむ!!

雲取山に三峰神社、両神山と名峰がたくさんある秩父ですが、都心からでは交通費がとてもかかります。
今回は、少しでもお得に登山するために西武鉄道の「秩父フリーきっぷ」をご紹介しようと思います。調査の結果、秩父フリーきっぷはニッチな山に行くならお得なことが判明しました。

秩父フリーきっぷとは?

「秩父フリーきっぷ」は、西武線が発売している観光向けの割引きっぷです。一部区間のフリーパスが含まれており、秩父地域の観光向けに発売されている。
具体的な内容は以下のとおりです。

秩父フリーきっぷ

  • 出発駅から西武秩父駅までの往復乗車券
  • 芦ヶ久保~西武秩父駅間と秩父鉄道(野上・長瀞~三峰口駅間)が2日間乗り放題
  • 協賛施設における割引サービス

西武池袋駅での発売金額は、2350円です。練馬駅の購入で2210円です。

協賛施設は、公式HPをご確認いただくとたくさん記載がありますが、温浴施設から食事処まで多岐に渡ります。
注意事項としては特急列車(レッドアロー号やラビット号)の特急料金は含まれていないことです。

秩父フリーきっぷがお得になる登山

ここからが本題です。秩父フリーきっぷがお得になる登山計画です。
往復の交通費+温泉でだいぶお得になります。

お得なコース1:両神山登山(日向大谷口)

まずは秩父の名峰両神山登山です。三峰口駅より薬師の湯経由で日向大谷口へバスで行きます。(バス代はフリーではありません)そこから両神山をピストンするコースです。

西武池袋駅-三峰口間は、片道で1280円です。往復すると2560円です。
この時点で約200円お得です!!

これに加えて両神山荘または武甲温泉で入力すれば100円引きとなるため、合計300円お得となります。
全体の費用が3000円程度と考えると10%引きとなるため結構大きいです。

お得なコース2:三峰山登山

2つ目は雲取山登山の入り口である三峰山登山です。三峰口よりバスで三峰神社へ行きます。(バス代はフリーではありません)
バス停から1時間程度で三峰山登山は可能です。
帰りは三峰神社内にある興雲閣(三峯神の湯)に入浴です。50円引きとなります。

こちらも西武池袋駅-三峰口間が往復で2560円のため、約200円お得。温泉料金で計250円お得になります。
こちらのコースの場合は、登山時間は短いため、三峰神社の秩父宮記念三峯山博物館などを観光するもの良いと思います。(こちらも割引対象)

秩父フリーきっぷの注意点

秩父フリーきっぷ利用にあたり注意点が2つあります。

  1. 出発地ー西武秩父駅の往復では損です。例えば池袋と西武秩父駅は、786円です。往復しても1600円程度なので、よほど割引店を活用しないと損してしまいます。
  2. 西武秩父駅の祭の湯は割引対象ではありません。これは調べて気づいたのですが、なぜか割引対象ではりません。登山口周辺でお風呂を探す必要あります。

秩父フリーきっぷはお得か

秩父フリーきっぷは日帰りでは300円程度しかお得になりません。
たかが300円と思うかもしれませんが、されど300円です。10回使えば3000円です。

もししっかりと秩父フリーきっぷをお得にするなら一泊2日で旅行して、1日目は登山で二日目は観光という使い方がお得だと感じました。
登山で通ってても意外と観光地は回っていない街も多いと思いますので、せっかくなので秩父フリーきっぷで観光してみるのはいかがでしょうか?

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-登山情報

Copyright© Mountain-Times , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.