山小屋・旅館・温泉

みやま山荘(丹沢に宿泊して焼肉を食べた記録

こんにちは。丹沢山 山頂にある「みやま山荘」に宿泊しました。前々から噂を聞いていましたが、夕食には本当に焼肉が出ました。とても美味しかったです!!丹沢山脈の山小屋で食事がNo1の噂は本当でした。かつ建物も寝床も綺麗で素晴らしかったです。

みやま山荘の外観

みやま山荘は、丹沢山山頂の真ん中くらに木造建築であります。2階建ての建物です。

外観はどことなく北アルプスなどにある山小屋に非常に似ている感じがします。


みやま山荘の外観

入り口の横には、水道がありますが、冬場につきお休み中でした。

凍結しちゃいますからね。


みやま山荘の水道

みやま山荘の内覧

 外も綺麗なら中も綺麗がみやま山荘です。 寝室、談話室、食堂、トイレに至るまでどこもかしこもとても綺麗でした。とても山深いところの山小屋とは思えません。

1F:談話室

写真の通り綺麗です。清潔感すごい!!

談話室となる1Fは土間にテーブルが3つに板の間にテーブルが2つです。板の間のテーブルにはテレビが設置されています。写真は土間です。

泊まる人のかずに対してテーブルが少ないので満員になると椅子の取り合いになりそうな感じです。

みやま山荘の土間

自炊をする方は土間のテーブルでガスを使うことになります。

そのほかに登山関連本がたくさんありました。とても宿泊で読む感じでない本も多かったです。


みやま山荘の本棚

少しでも臨場感を体験してもらうために360度カメラで撮影しました。画面をグリグリすると視線が動くのでお楽しみください。


丹沢山 みやま山荘 リビング #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

2F:寝室

2Fの寝室もとても綺麗。窓がとても大きいです。

みやま山荘の二段ベット

2段ベットになっている場所とそうでない場所があります。あたりは2段ベットではないほうです。

写真は2段ベットでないエリアです。床もピカピカできれいで嬉しい!!


みやま山荘寝室

個室もありました。おそらく女性や子供がいる団体が優先的に割り当てられるものかと思われます。


みやま山荘個室

今回は2月に泊まったのですが、支給された寝具は、写真の通り。


みやま山荘のふとん

枕・布団・毛布・掛布団の4つです。

枕カバーがみやま山荘仕様で少し嬉しい。

寝室も360度撮影していますので、ご覧ください。


丹沢山 みやま山荘 寝室 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

みやま山荘のトイレ!!

気になるおトイレも綺麗です!!屋内にあるのもうれしいところです。消灯までは便座があったかかった気がします。

みやま山荘トイレ

山小屋なのでトイレットペーパーは、トイレに流すのではなく、ごみ箱にポイなので、そこは注意してください。


みやま山荘の夕食

 お待ちかねの夕食です。みやま山荘の食事はレベルが高いと噂に聞いていましたが、それ以上でした。

 食堂は長いテーブルが二つあり、1階で20人程度で同時に喫食できます。

 本日の夕食は冒頭の通り焼肉でした。嬉しい!!

  それも自分で焼くスタイルです。


みやま山荘の夕食(焼肉)

 具材は、肉(たぶん鹿?)、たまねぎ、ピーマン、ニンジン、かぼちゃです。野菜たっぷりが嬉しい!!なお、ニンジンとカボチャは下茹で済みでした。


みやま山荘の焼肉(焼く前)

焼きます。美味しそう。


みやま山荘の焼肉(焼中)

 ご飯と味噌汁は自分で盛り付け、おかわりできるスタイルです。焼肉ご飯だとご飯が進みます。後は寝るだけなのに・・・。

  付け合わせの高野豆腐も美味しかったです。箸休めにぴったり。

  最後は黄桃。あまくて美味しい!!

 久々にしっかり美味しいご飯を食べました。


デザートの黄桃

  ごちそうさまでした。


みやま山荘の売店

みやま山荘では、飲食物も販売しています。(あと手ぬぐいも売ってました)

値段は写真の通りです。丹沢やほかの山小屋考えても普通の値段です。

みやま山荘のお品書き

 ランチでお勧めなのが、カレーです。これも以前食べましたが、とても美味しかったです。気になる方は以下の記事をご覧ください。



みやま山荘からの眺望

 山小屋と言えば夕日です。みやま山荘といいますか丹沢山さんからは、富士山に落ちる夕日が見れます。とても綺麗です。 

丹沢山からの富士山

 1点注意が市街地方面は樹林が多いので、景観悪いです。市街地の夜景をみるなら、蛭ヶ岳山荘などをお勧めします。抜群にきれいです!!(おそらく日の出も方角が市街地であるため、見づらいと思います。)

みやま山荘へのアクセス

みやま山荘へのおススメ経路です。丹沢山は山深いところにあるので、どこからアクセスしても結構あるきます。私は、1.2.と両方歩きましたが、ラクチンなのは、1.の経路の思いです。やはり大倉尾根はきついぞ、

1.宮ケ瀬湖-丹沢三峰経由

 距離は10キロオーバーとなかなかですが、急な登りがなくゆっくり登るスタイルです。危険個所もないのでお勧めです。(トラバース逃げてだと少し怖いかもしれないです。)樹林帯を通るため眺望は期待できないのが残念ところです。

2.大倉ー塔ノ岳ー丹沢山縦走

 丹沢主脈縦走を半分するイメージです。大倉尾根は登りがかなりきついですが、塔ノ岳からの眺望と塔ノ岳ー丹沢山間の稜線の眺望は抜群です!!

 その他には蛭ヶ岳方面や表尾根経由、鍋割山経由などもありますので、皆さんの体力・技術にあったコースを選択してください。


宿泊料金

宿泊料金は丹沢で一番高い1泊2食で8000円です。

食事と綺麗さを考えたら妥当な値段の気もします。

私はいつも朝ごはん代を浮かせるために、1泊夕食のみ7000円で宿泊です。どうせ朝なんてパンが一つあれば良いさ理論です。


まとめ

 みやま山荘は丹沢山脈でも比類ない建物の綺麗さや食事のおいしさを誇っていますので登山初心者でも泊まりやすいです。

 土日は結構こみ布団2枚で3人などあるようなので、個人的には平日や休前日、日曜日の宿泊をお勧めします。

  ぜひ山小屋デビューを目指している方は、みやま山荘に泊まってみましょう!!

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-山小屋・旅館・温泉

Copyright© Mountain-Times , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.