山小屋・旅館・温泉

飯能のさわらびの湯 で奥武蔵登山の疲れをいやした!!

こんにちは。
先日、飯能にある「さわらびの湯」に行きました。
「さわらびの湯」の周辺は、登山客以外にも普通の観光客もあり、かなり盛況している素敵な温泉でした。

棒ノ折山・飯能・奥武蔵温泉少ない問題

さて本題に入る前に、私はよく飯能周辺で登山しますが、下山後の毎回お風呂に困ります。
一番のターミナル駅である飯能駅前に銭湯や温泉施設がないのです。

そして、登山帰りによれるとしたら、吾野周辺の休暇村 or さわらびの湯となります。
奥秩父からなら西武秩父駅の祭りの湯です。

今回は、この中で、棒の折山、金毘羅尾根口にある「さわらびの湯」に行きました。

さわらびの湯の外観・中

さわらびの湯は、結構大きいです。
写真だとこんな感じです。

登山でよく日帰り温泉行きますが、大きめで趣のあるデザインの印象を受けました。
地方の温泉でもコンクリートベタ打ちであまり温泉の雰囲気がしない中うれしいものです。

入浴は3時間800円です。個人的には相場通りのお値段です。

中は、まず1階がエントランスとお土産売り場です。
秩父や飯能のお土産がずらっとありました。地域振興を頑張っています。

そしてお風呂と休憩所は地下1階です。
地下といっても崖沿いにあるため、大きな窓もあり眺めは良いです。

自動販売機、テーブル、畳の大部屋などがあります。

さわらびの湯のお風呂

お風呂は綺麗の一言!!

内湯と露天があり、両方とも目の前にある森林を見ながら入浴できます。
お湯は無色透明でした。硫黄の匂いもせず入りやすい雰囲気です。

サウナは珍しいスチームサウナオンリー。
コロナの影響のせいか人数制限がされています。
水風呂も完備しており、スチームサウナ好きにはたまりません。

さわらびの湯へのアクセス

さわらびの湯へは、飯能駅からバスが出ています。バスで40分程度。料金は600円です。結構な距離があります。

おそらく利用される方の多くは、棒の折山登山、金毘羅尾根登山などをされる方だと思います。棒の折山までは、さわらびの湯から2時間~3時間で山頂につきます。

飯能駅に出ると温泉がないので、温泉戦略を考えながら登山するなら、さわらびの湯を下山地点にするのがお勧めです。

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-山小屋・旅館・温泉

Copyright© Mountain-Times , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.