赤岳鉱泉-アイスクライミング体験会

こんにちは。

1月上旬に八ヶ岳の赤岳鉱泉で実施しているアイスクライミング体験会に参加したのでご報告です。

 

 

1. アイスクライミングって何?

 一言で言えば氷壁を登るスポーツです。ロッククライミングの氷版です。当然ながら氷をすででつかむのはできないため,手ではアックスを持ち,足にはアイゼンを付けます。また落下の危険防止のためハーネスとロープを使います

【アックスイメージ】

アイスクライミングに興味があるのであれば外道クライマーという本を読むのをお勧めします。何年か前に和歌山県の那智の滝をクライミングして人騒動起こした方の本です。全編がアイスクライミングではないのですがどんなものか面白さや危険さがわかります。

     

 

2. 赤岳鉱泉ってどこ?

赤岳鉱泉は,八ヶ岳の連峰の硫黄岳直下にある山小屋です。鉱泉というだけあり,夏には温泉がでます。

アクセスは芽野駅からバスに40分ほど乗り美農戸口まで行き,そこから3時間程度でつきます。

赤岳鉱泉は,食事がとても有名で名物はステーキです。私の行った日は,まさにステーキの日でした。写真をみて頂ければわかりますが,大変美味しかったです。

 

f:id:hakobune1216:20190127232914j:image

 

3. 体験会って何?

赤岳鉱泉では,人工的に氷壁を作り,そこでアイスクライミングができるようになっています。フリーの人は,自分で道具一式持ち込んで自由にしますが,初心者向けに体験会を行っています。ここで注意しないといけないのですが,体験会であり講習会ではありません。そのため,この体験会受けたからさぁ氷壁のぼりができる!!ってものではないです。基本的には,スタッフの方二人に丁寧に指導して頂き,12メートルくらい上まで登る形なります。開催は,毎週日曜日の午前中で,前日土曜日に赤岳鉱泉宿泊が条件です。お値段はたったの1000円です!!一回10名までで人気もあるので予約必須です。ちなみにクライミング用装備はレンタル可能なのもうれしいです。靴,ハーネス,ロープ,カラナビ,アイゼン全部借りれます。当然ながら赤岳鉱泉は山の中にあるので,そこまで行ける冬山装備はクライミングとは別に必要となります。(ハイキング感覚では無理な場所にあります。)

 

4. 体験した感想?

感想はめっちゃ面白かったけど疲れました。本来力が不要らしいのですが,なれないので腕に力がはいり,足に力が入りで疲れました。しかし、氷壁の登ってる感覚はなかなかでした。アックスを氷に打ち付け,アイゼンを氷に蹴りこみながら登るのはなかなか楽しい体験です。途中でうまくアックスが固定されていなくてバランスを崩しかけたりしますが,それも含めて楽しいです。ちなみの登るのは怖くないのですが,下りは垂直効果をするのですが,こちらは少し怖いです。ロープに体をあずけて氷壁を踏みながら降りるのですが,最初に体重あを上げる瞬間が少し不安となりますが,1回やればなれます。ただ自然の氷壁に登る度胸はないな。。。。と痛感しました。自然の氷壁登るなんてレジャーの範囲を超えるのでは。。。。と思ってしましました。

f:id:hakobune1216:20190127232951j:image

f:id:hakobune1216:20190127232927j:image

 

 

 

5. 最後に

赤岳鉱泉まで行くのは大変ですが,面白いのでぜひおすすめの体験会です。ないより手ぶらで機材をレンタル可能なところがうれしい。登山用品は高いのでいきなり全部揃えるの難しい人でも楽しめます。今年分はキャンセル待ちのみみたいですが,興味ある方は来年にでもチャレンジしてもらいたいです。私も来年もチャレンジしたいと思っています。く