奥多摩・高尾・奥武蔵・秩父

【奥多摩】棒ノ折山で沢登りを楽しんだ!!

 こんにちは。2020年1月に奥多摩と飯能の堺にある棒ノ折山に登山しました。標高は960メートルと低めですが、簡単な沢登りを楽しめたり、山頂からの関東平野の眺めは抜群で素晴らしかったです。

今回のコース

 今回は飯能方面から登山しました。棒ノ折山は奥多摩方面からの縦走も可能です。飯能方面から登山する場合は、飯能駅からバスで40分ほどで到着する「さわらびの湯」からのコースとなります。

 さわらびの湯 → 有間ダム → 白谷橋登山口 → 棒ノ折山 → さわらびの湯 

  最大標高:968m

累計標高差(上り):941m

 累計標高差(下り):943m

 累計距離:9.0Km

 コースタイム合計:5時間

登山口へのアクセス

 登山口となる「さわらびの湯」へは飯能駅からバスとなります。所要時間は約40分。バスはSUICAが利用可能でした。

さわらびの湯のバス停

 「さわらびの湯」には売店とトイレがあります。登山を開始すると山頂含めトイレがありません。ここが最後のトイレチャンスです。

さわらびの湯のトイレ

有間ダムを抜けて白谷橋登山口へ

 まずは「さわらびの湯」から白谷橋登山口を目指します。バス停の横から上り坂を歩きます。

 ▼ 途中で台風の影響か道路が土で埋まっている箇所があります。

さわらびの湯から登山口へ

▼歩きすすめると有間ダムが見えてきます。ダムですが、コンクリートの壁でないところが印象的です。外側からだとダム感がありません。

さわらびの湯から登山口へ2

 ▼ダム壁の上を歩き対岸へ渡ります。

さわらびの湯から登山口へ3

 ▼とても広いダムです。水鳥がたくさんいました。(写真はうつらなかった)

さわらびの湯から登山口へ3

 ▼ 更にダム沿いに歩き続けると登山口へ到着です。登山ポストもちゃんと用意されています。

さわらびの湯から登山口へ4

白谷橋登山口から棒ノ折山の山頂へ

 ここからが本格な登山道です。気合入れを登り始めます。


 ▼最初は普通の土の道です。歩きやすい道です。

棒ノ折山登山道

 ▼途中から沢を登る形になります。お楽しみゾーンのスタートです。


▼滝の上からの眺め。美しい沢が見ることができます。

棒ノ折山登山道3

 ▼ひたすら沢の岩ぞいの登ります。景観は良いのですが、石が水で滑るので注意が必要です。

棒ノ折山登山道5

▼沢が途切れてからは普通の登山道に戻ります。

棒ノ折山登山道6

▼一旦登りきると休憩所があります。車道と交差している場所にあります。

棒ノ折山登山道7

▼ここから急な登りの開始です。これぞ登山という登りで傾斜がきついです。

棒ノ折山登山道8

▼途中で大きな岩が登場します。下山時はこの岩が一つのポイントになります。

棒ノ折山登山道9

▼岩を超えて登り続けます。奥多摩らしい登山道です。

棒ノ折山登山道10

▼途中で峠に到着です。ベンチあります。奥多摩方面との分岐となっています。

棒ノ折山登山道11

▼さらに峠から更に登ること10分ほどで山頂です。

棒ノ折山登山道13

▼山頂に到着。山頂からの関東平野から眺望は抜群です。

棒ノ折山山頂

棒ノ折山山頂からの眺め

山頂からさわらびの湯へ

 山頂からさわらびの湯へ戻ります。沢は滑ってあぶないので別コースで下山します。ただこの経路は特段の面白みのないコースでした。スリルをとるか悩むところです。


▼山頂から岩のところまでは一気に下山です。

 注意点が帰りのルートはこの岩の裏側にあります。

 一見わかりづらいのですが、裏に行きます。写真左側の柵があるのがわかると思います。ここを通行します。


下山時の岩

▼そのあとは尾根歩き。


▼少しずつ道が下がりはじまります。

棒ノ折山からの下山道3

▼途中で謎の見晴台があります。奥多摩方面が見れます。

展望台

▼さらに下山します。 林の中を40分ほど下り「さわらびの湯」に到着します。見晴らし台から「さわらびの湯」までは本当に変哲のない林の中だったので写真する撮影しませんでした。

棒ノ折山の」下山口の橋

まとめ

 往復5時間程度の軽登山ですが、簡単な沢登りを楽しめ山頂からの眺望が抜群で誰でも気があるに楽しめるコースでした。ぜひチャレンジしてください。

 

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-奥多摩・高尾・奥武蔵・秩父
-, ,

Copyright© Mountain-Times , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.