【丹沢】マルガヤ尾根を登ってみた

 2019年の年末に丹沢のマルガヤ尾根を攻略しました。今回は、西山林道から稜線を目指し登りました。マルガヤ尾根は一般登山道ではなく、いわゆるバリエーションルートです。そのおかげでルートファインディングや誰もいない尾根をゆるゆる楽しむことができて良かったです。

マルガヤ尾根とは

 マルガヤ尾根は、鍋割山と大丸の間の尾根となっており、西山林道に下山可能です。西山林道は、終着視点に近く、二俣から15分くらい歩いた場所にある尾根です。標高差は700メートルくらいあります。

 この尾根は、バリエーションルートであり、道標がもちろん登山道のマークであるピンクリボンもありません。頼りになるのは、登山地図と僅かに残る先人の踏み跡のみです。ルートファインディングを楽しめるコースです。

 登山道のマークであるピンクリボンもありません。そのため、読図できるスキルが必須のルートです。

マルガヤ尾根へ取り付く

 マルガヤ尾根への取り付きは、西山林道からとなります。

 渋沢からバスで大倉、そこから徒歩で西山林道にでます。 マルガヤ尾根への取り付きまでは、約6キロの道のりです。

 まずみんな大好きな大倉です。どんぐりの家のコンビニは潰れていました。

 鍋割山方面に行くと西山林道です。

 林道に到着です。

 途中で名士と思われる方の胸像があります。

 二俣に到着。

 二俣を超えて600メートルくらいで取り付き口です。ただし、矢印はありません。雰囲気で場所を掴みます。はて?どこから取りつこうか?

 なんとなく踏み跡があった場所を入り口に決めます。鬼がでるか邪がでるか楽しみです。

< 参考:西山林道のもう少し詳しい記事>

P928へ

 P928は、標高928メートル地点にあるちょっとした広場です。まずはそこを目指します。尾根を直登します。

 登山地図にも記載がされていたのですが、かなりの急勾配です。ザラザラしているので、グリップをきかせないと滑落しそうになります。

 そもそも横に50メートルくらい横はややゆるそうなのに私のいる場所だけきついです。取り付きポイントミスしました。

 登ってきた方向をみると急勾配なのがわかります。

 正直下る自信はありません。ふくらはぎがパンパンになります。

 草木を避けならが尾根を直登します。正直、写真をとる余裕がないくらい急勾配です。ルートミスすると、危険なトランバースを強いられます。怖いです。

 一旦尾根を登りきるとP928に到着です。ここまでは休憩するようなポイントありません。おかげ一気に登ったので喉はカラカラ。ポカリスエットが五臓六腑に染み渡ります。

 広場にはドーンとクヌギと思われる木があります。

 木々の隙間から後沢乗越が見えます。 後沢乗越 は一般登山道でなかなか整備されていました。

 いざ鍋割稜線へ!!

 水分補給して稜線を目指し登りはじめます。

 P928からは、それまでと違いゆるい登りです。かわりにヤセ尾根の連続です。別にナイフブリッジではないのですが、結構細いです。尾根の横はかなり落ちており、滑落したら命はなさそうです。

 ヤセ尾根を何箇所かこえます。

 そうするとまた急な登りのスタートです。それでも登りはじめより、だいぶ楽々。

 途中からは原っぱのよな箇所にでて登ります。原っぱ周辺は登りはいいのですが、下りだと迷いそうな雰囲気がプンプンします。尾根が広い。

 景色も良くなってきます。だいぶ高いところまで登ってきました。

 原っぱを20分くらい登り続けると鍋割稜線にでます。

 バリエーションルートのため、道標はありません。稜線からマルガヤ尾根の取り付きを探すのは大変そうです。

 稜線の反対側に丹沢主脈が見れます。木に隠れていますが、いい稜線の形しています。

 とりあえず稜線で一息ついて塔ノ岳へ向かいました。

まとめ

 マルガヤ尾根は、登りであれば自分でルートを決めて登る楽しさを味わえます。また急勾配を必須の登るのは楽しいです。ただ眺望はイマイチです。樹木に覆われた道を歩くことになります。

 おそらくですが、下りは迷いやすい+急勾配すぎて下山が怖いのコンボになります。最低でもストックは必要かと思います。

 個人的には、なんというか登りの分なら登れば鍋割稜線に出れるのでバリエーションルートとデビューに最適かと思います。別にバリショールんルートに興味ないなら普通の小丸尾根を登った方が良いかと思います。そんなコースです。

<参考:最寄りの尾根の記事>

最新情報をチェックしよう!