山ごはん

メスティンでトマトパスタを作成した【簡単時短レシピ公開】

 こんにちは。メスティンでトマトパスタを作成しました。味のベースはケチャップのため、ナポリタンスパゲッティ風と言った方が良いかもしれません。ケチャップを使ったことで、簡単でトマトとニンニクの風味が美味しいパスタになりました。

材料

  今回のトマトパスタ使用したのは、以下の材料です。

材料分量
パスタ100G
180cc
ナス1/2
ハム2枚
ケチャップおおさじ3杯程度
にんにくチューブ1cm
コンソメ(粉末)適量
オリーブオイル大さじ一杯程度

 パスタの量におうじて適宜量は加減させてください。また私は、時短のためパスタを水漬けしていため、水の分量は少なくしています。

 また具材もハムをベーコンに変更したり、タマネギを加えたりお好みにあわせて追加してください。

 ケチャップは、キャンプ・登山で持ち運びする場合は、お弁当用のものが良いと思います。

弁当用ケチャップ

調理方法

さっそく調理方法をご紹介します。

調理時間は、パスタを硬い状態から茹でるのか、水漬けで作成するのかにより、異なります。

基本的には、パスタをゆでる時間を除いて15分程度です。

材料を食べやすいサイズに切る

 今回の材料は、ハムとナスだけなので、食べやすいサイズに切ります。次工程で炒めるのですが、炒めると少し小さくなりますので、気持ち大きめで大丈夫です。

 登山やキャンプ時は事前にカットしたものをジップロック等で持って行くと便利です。

ハムとナス

切った材料を炒める

 メスティンの蓋をフライパンにして材料を炒めます。私は、オリーブオイルで炒めましたが、サラダオイルでも大丈夫です。

 メスティンの蓋に満遍なくオイルが行き渡ることはないので、オイルがある場所に材料をおくようにします。

 ハムは片面だけでもOKですが、ナスは両面焼くようにしましょう。ナスもハムも火が通れば大丈夫です。

炒めのハムとナス

焼き終えたら一旦、蓋をコンロから降ろします。

パスタをゆでる

 今回、私は水漬けという方法を採用しました。そのため、ゆでる直前の時点ですでに柔らかくなっています。

水漬けパスタ

 水漬けの場合は、アルデンテのような触感を残すことは難しいですが、ゆでる時間が短くてすみません。熱湯に9分のパスタが2分程度でOKになります。

 メスティンにパスタを投入し、火にかけます。

水漬けパスタinメスティン

 お湯が煮立ってきたらすぐに火が通りパスタが黄色なります。煮立ってから2分程度たち、全体的に黄色くなったら完了です。

パスタゆであがり

パスタに材料と調味料をまぜる

 茹でたパスタに材料を混ぜます。お湯は下に少し数ミリのこっているくらいで十分です。

 まずは、ナスとハムを投入して、そのあとにケチャップ、ニンニクチューブ、コンソメを投入します。

メスティンに材料をすべて入れる

 あとはかき混ぜるだけです。

 まんべんなく材料がまざったら完成です!!

トマトパスタ完成

色は薄いですが、しっかり味します。

まとめ

 ニンニクとケチャップのハーモーニーとても美味しいパスタです。具材次第いろいろ改良できます。

 今回は、水漬けパスタとしましたが、通常の乾麺をゆでるスタイルでも大丈夫です。ただ水分はいらないパスタなので、水の量を少なめにするか、ゆでたら少し水を流すなどしてください。

 メスティンで簡単にできるので、ぜひ試してください。

 

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-山ごはん
-,

Copyright© Mountain-Times , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.