その他の地域の

【鳥取】大山 厳冬期登山 夏山登山道から山頂へ2020/01

 こんにちは。暖冬のさなか鳥取県の大山(だいせん)へ厳冬期雪山登山をしてきました。この日の天気は文句なしの晴天で、風もなく最高で、初の鳥取県への遠征登山は大成功でした。というわけで厳冬期 大山登山をレポートします。


今回のコース

 今回のコースは、以下の通り。大山登山としては、一番一般的なコースかと思います。登山口の名前は「夏山」と入っていますが、冬でもつかう登山口です。


 夏山登山口 ⇒ 6合目避難小屋 ⇒ 山頂 ⇒ 6合目避難小屋 ⇒ 夏山登山口


こんな人におすすめのコース

  • 雪山初心者でも登りやすい山を探している
  • 山頂から海をみたい
  • たくさん人がいてトレースのある安心感のある登山をしたい

登山口へのアクセス

 大山の夏山登山口は、大山寺バス亭から歩いて約10分のところにあります。バス停から大山寺に向かい最初の角を右に曲がり、橋を渡ったらすぐです。途中でモンベルショップが橋の手前側にあるのが目印です。


 大山寺バス停は米子からバスが1日4本でています。昔はもっと出ていたそうですが、だんだん減ってしまったそうです。中途半端な時間に下山するととんでもない待ちぼうけになるので事前にバスの時間は調査しましょう。


夏山登山口から6合目避難小屋へ

 ▼前泊した宿から夏山登山小屋を目指します。

大山夏山登山口へ

 

 ▼朝7時前でしたが途中の駐車場は結構埋まっています。

大山駐車場

▼駐車場には綺麗なトレイがありました。

大山駐車場のトイレ

▼夏山登山口に到着です。最初は階段登りです。

夏山登山口へ

 ▼このあたりは大山寺のエリアみたいでしっかり整備されています。雪は少ないです。

大山夏山登山口の階段

 ▼2合目になってくると段々と雪が増えてきます。

大山二合目

 ▼さらに4合目あたりではしっかりつもっています。アイゼン付けるか悩みましたが、とりあえずはアイゼンなしであがりました。

大山4合目

 ▼5合目付近では、看板がありました。夏だったら賑わってるんだろうな・・・

大山5合目

 ▼6合目避難小屋到着です。避難小屋真新しいです。ここでアイゼンを装着します。

大山避難小屋

6合目避難小屋から山頂まで

 ▼ 6合目から先はさらにぐっと雪が増えます。 8合目あたりで山頂が見れました。山頂見れるとあと少しだと思えてきます。

大山6合目から山頂へ

 ▼ 登ってきた道です。雪山らしい光景が見れます。

7合目からの眺め

 ▼ 小さいですが樹氷もあります。

小さな樹氷

 ▼ 6合目から体感20分くらいで稜線へ出ました。

大山の稜線へ

 ▼ 楽しい稜線歩きです。これぞ山歩きの醍醐味。

大山の稜線1

 ▼ 木道を歩いて山頂到着です。木道は暖冬のため露出していたみたいです。

大山の稜線2

大山の山頂

 ▼大山から山頂の景色です。まずは剣が峰方面。ナイフブリッジが続きます。

山頂

▼綺麗な滝雲です。

山頂2

▼山頂避難小屋方面です。

山頂3

 ▼そして360度の山頂です。天気が良かったので30分くらいいました。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

大山からの下山

▼下山は無心です。ひたすらおります。

下山開始

 ▼登った時はあっさり登った記憶ですが、降りるのに時間がかかります。

下山道

 ▼無心で下山すること1時間ちょっとで1合目に到着しました。

大山一合目

(おまけ:下山後のお風呂)

 下山後は前泊した大山館でお風呂に入りました。詳細は別記事をご覧ください。


まとめ

 大山は、標高差が1000メートルをきっており、危険個所もないので冬山初心者でも十分登りやすい山だと思います。山頂からは日本海など鳥取県が一望でき眺めも抜群です。しかし、アイゼン・ピッケルは必要ですし、急な天候不良・ホワイトアウトのリスクはありますので、注意してください。

 

Moutain-times

30代会社員登山家。2015年より登山をはじめ、登山歴5年。 神奈川県出身との縁で丹沢を中心に登山する。 年に数回は長野、山梨へ遠征登山を行う。 2020年は剣岳、五竜岳登山が目標。

-その他の地域の
-, ,

Copyright© Mountain-Times , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.