CATEGORY

登山本

【山岳小説】新田次郎著 「栄光の岩壁」を読んだ

こんにちは。山岳小説の中でも名高い新田次郎作の「栄光の岩壁」を読みました。この本は新田次郎氏の代表作の一つあると言われますが、実際かなり読みごたえがありました。そして、自分の登山者レベルの低さを痛感しました。 1.「栄光の岩壁」とは?  「栄光の岩壁」は、新田次郎氏の代表作である長編小説です。文庫本だと上下巻です。  話は、10代半ばに冬の八ヶ岳縦走して凍傷を患い足の一部を失った青年が,不屈の精神 […]

【登山小説】新田次郎 富士山頂

 こんにちは。新田次郎氏作の富士山頂は、登山小説という面よりビジネスの世界を小説にした感が強かったです。内容は、富士山の気象レーダーを設置するため官民連合して富士山頂に気象レーダー装置設置した話です。この本のポイントは、作者 新田次郎氏自体が富士山の気象レーダーを設置に携わっており、主人公自体が新田次郎を連想させる人物である点です。 1.小説 富士山頂の概要  冒頭で述べた通り,この富士山頂は、富 […]

【読書】「銀嶺の人」 新田次郎著作 女性で初めてマッターホルン北壁を登った物語

こんにちは。 最近の関東は週末ばかり雨が降り登山に行けない。ということで登山小説を読むことで登山にいったつもりになりました。今回読んだのは、「銀嶺の人」(新田次郎作)です。女性で初めてモンブラン北壁を登った女性クライマー達が主人公の物語。フィクションですが、実際のモデルが存在します。この辺りを含めてご紹介したいです。 1.銀嶺の人のあらすじ 女医をめざす、勝気な“泣かない子”であった駒井淑子は、冬 […]