【丹沢】塔ノ岳の山小屋 尊仏山荘に宿泊した

 こんにちは。今回,普通なら日帰りで登山できる塔ノ岳にあえて宿泊しました。それは,綺麗な夕日を見るためです。日帰りでも素晴らしい眺望ですが、宿泊してみた塔ノ岳からの夕日はベストでした。さらに山小屋も綺麗でご飯が美味しく素晴らしい体験ができました。

尊仏山荘って何?

 尊仏山荘は,丹沢山脈にある塔ノ岳の山頂にある山小屋です。標高は1490M地点と結構な高所にあります。

 塔ノ岳の山頂は木がないので,富士山をはじめ相模湾や東京方面を一望できるすばらしいビュースポットになっています。

 さらに都心から近く登山口から3時間30分で山頂つけ楽々日帰りも可能なため,大人気な山です。そんな塔ノ岳の山頂にあるのが尊仏山荘なのです。

 塔ノ岳への登山コースは以下の記事を参考にしてください。

 <大倉尾根>

 <小丸尾根>

尊仏山荘に宿泊した

 尊仏山荘は,1Fが談話室、食堂、受付、トイレになっており、2Fが寝室です。1Fの受付で宿帳への指名等の記入と宿泊代の記入が終わると寝る場所の説明があります。

 今回、私はラッキーなことに4人個室の二段ベットをあてがわれました。これは結構嬉しい。知らない人と雑魚寝で寝なくてすみます。二段ベットの上はこんな感じです。布団と掛布団と毛布があります。結構広くリュックもおける広さがあります。

 

 大部屋はこんな感じです。

 二回の全体構成は写真の通りで基本は大部屋構成なので、二段ベットとれたら相当ラッキーです。

 下駄箱は1Fの階段の脇にあります。この日は混雑しており、靴だらけでした。

 談話室は一回にあります。談話室兼自炊室です。泊まった日はほぼ宴会場とかしていました。写真は翌朝撮影したものです。

 どこの山小屋でも同じですが、20時消灯です。まぁだいたいの人は20時前には寝てしまっていますが。。。

尊仏山荘の夕食

 尊仏山荘の 夕食はカレーです。それともレトルトではなく、手作りカレーです。 夕食の時間になると名前を呼ばれて食堂に入場します。

 既にカレーとサラダが並んでいます。

 カレーは具沢山です。具のサイズだけでレトルトじゃないのがわかります。とれもうれしい。山小屋は少し良いレトルトカレーを出すのが常かと思っていたらしっかりとしたカレーです。しかも、おかわりし放題です。ここは天国か・・。

 ちなみにカレー辛くしたい人ようにカレーを辛くする調味料も置いてありました。

 サラダはポテサラやキノコ等などが乗っているミニサラダです。品数が多いのがまた嬉しいところです。カレーの箸休めにぴったりでした。

尊仏山荘からの夕日と夜景

  尊仏山荘からの夕日は最高です。言葉では表現できないレベルです。富士山に落ちる夕日は素晴らしい。

  尊仏山荘に宿泊するときは晴れを狙いましょう。

  ちなみに写真がへたくそで申し訳ないのですが、夜景も素晴らしいものがあります。相模湾方面から東京都の方まで一望できます。

まとめ

 丹沢には複数の山小屋がありますが、景色と食事、寝床のバランスは 尊仏山荘が一番だと思います。全体的な満足度が平均して高いです。

 塔ノ岳はつい日帰りしがちですが、縦走路としての利用や、せっかくだしというところで一泊されてみるのはいかがでしょうか?

 【参考】