【北アルプス】表銀座縦走 テント泊② 燕岳~大天井岳~西岳編

 こんにちは。北アルプス 表銀座テント泊の第二弾です。今回は,燕岳~大天井岳~西岳編の稜線歩きです。この稜線歩きでは、ゆるゆるかと思ったら結構しんどかったり、初めてのテントでの宿泊と思い出に残る山行でした。

第1弾は以下。

1.今回のコース

 今回のコースは以下の通りです。この記事ではピンクマーカーの箇所を記載しています。初日は大天井岳にある大天荘にテント伯しました。

<<今回のコース>>

  中房温泉 ⇒ 燕岳 ⇒ 大天井岳 ⇒ 西岳 ⇒ 槍ヶ岳 ⇒ 上高地

<< 総距離 >>

42Km

<< 高低差 >>

登り:約4300M

下り:約4300M

2.燕岳~大天井岳まで

 燕岳~大天井岳まではユルユルな稜線歩きをするつもりでした。写真の通り燕岳から見る限りは大きなアップダウンはなく、ボチボチ歩くか~という気持ちでした。これがこの日の誤算でした。

 歩き始めはすごいゆったり歩けました。北アルプスの稜線眺め目の前には槍ヶ岳と登山を開始してから夢だった登山です。

 天気は晴れてるし本当に最高です。。

 稜線歩きしてから45分ほどたってから地獄をみることに・・・大天井岳へ向かう稜線・・突然、グッと下っています。見た目は200メートルくらい。そして、300メートルくらい登っています。こころの底からまじかよ。と思った。

急傾斜
急な登り

 どうしようもないので下る。。。そして。。登る日差しの強さも相まって死ぬかと思った。

 登り切ったらまた稜線歩きを1時間。大天井岳にとりつく手前には小林喜作のレリーフがあります。このあたりは鎖場になっており,ちょびと怖かったです。

あとこれは途中の稜線にいたニホンザル。高いところまでくるもんですね。

 大天井岳は途中で山頂へ行くコースと山頂を巻くコースに分かれます。 私は、山頂の大天荘のテント場へ向かうため,山頂へ向かいます。山頂までも地味な登りが永遠と続きます。結構しんどかったです。写真の槍ヶ岳方面が巻き道です。

 やっとついたぞ 大天荘 。一応本日のゴール地点です。文字で書くとサラッとしますが、テントの入ったリュックが肩に食い込むでは軽い地獄でした。

3.大天井岳でテント泊

 私がテント場についたのは,15時です。が,テント場がかなりテントで埋まっています。これはまずいと思い。すぐに山小屋でテン場代1000円を支払い ます。

 そして、テントを必死で設営。あまりも疲労がたまっており,テントの撮影を失念してしまった。。。

テントを設営したらとりあえずビール。長野県デザインのサッポロビールを飲む。最高である。

 ビールを飲んだら10分くらい先にある大天井岳の山頂へピークハント眺めは最高でした。頑張ったかいあった。


 レトルトの食事をして疲れはて。。。。すぐに就寝。7時くらいに寝て気づいたら3時。テントを畳んだり,トイレいっているうちに日の出です。この日は綺麗に雲海がでていました。めっちゃ綺麗です。これが山頂泊の醍醐味。

4. 大天井岳~西岳

 大天井岳から西岳へ向かいます。この区間は結構ゆるゆる登山でした。これが私が望んでいた登山です。大天井岳からまず大天井ヒュッテのあたり・・・稜線まで一旦降りる。そのあとは、軽い登りもありますが,比較的に緩い稜線を歩きます。(写真はきつそうですが、ピークはかなり巻くので楽です。)

 このあたりまでくるとだいぶ槍ヶ岳が近く感じます。

 稜線歩きを楽しんでるとすぐに西岳です。(すぐといっても2時間30分くらい歩きましたが)西岳の山頂はスルーして、西岳ヒュッテに向かいます。

 本丸。槍ヶ岳・・・東鎌尾根にポカリを補給しました。まじで山のポカリ美味しい。次回は、ポカリがないと死んでいた東鎌尾根です。

次回は以下です。