Mountain-Times~うどんと登山日記~

猫(名称:うどん 種類:アメリカンカール)との日記と登山の記録です。

【丹沢】寄~雨山峠~ユーシンロッジ~同角ノ頭~石崩山稜~中川温泉 前編



 

こんにちは。

 

東京から程近く人気の山域丹沢で10時間のロング日帰り登山をしました。

まぁ最後の1時間は,アクシデントにより普通の道を1時間あることになっただけですが。。。。(後編で記載します。)

 

今回のコース

今回のコースは,以下の通りです。全体で30km近いロングコースです。

コースタイム通りであれば12時間近くかかります。

 

<<コース>>

新松田駅 ⇒ バス(寄) ⇒ 雨山峠 ⇒ ユーシンロッジ ⇒ 大石山 ⇒ 同角ノ頭 ⇒  石崩山稜 ⇒ 箒沢公園橋 ⇒ 中川温泉

 

 目当ては,同角ノ頭にあるザンザ洞キレットでした。

 キレットは,大キレットを筆頭にスリルのある登山道に設定される名前なので,スリルを求めて行きました。

 

登山口へのアクセス

登山口は,寄です。最寄り駅は,JR 松田駅 又は 小田急 新松田駅です。

そこから富士急湘南バスで25分です。1時間1本程度しかないので注意です。

 

雨山峠まで

 寄から雨山峠までは,最初舗装された道路を30分程度歩きます。

 その後,林道を15分程度あるき,やっと登山口です。登山口まで長い。登山口までに周遊コースなどのいくつかの登山口があるので間違えないよう注意しましょう。ちなみに登山口近くにトイレもあるので助かりました。注意点として雨山峠までの登山道は迷いやすい道なので登山地図を必ず持って行きましょう。

 登山道入れば沢沿いを延々と歩き続けます。1時間30分くらい沢沿いを登ったり,沢を渡渉します。渡渉できる登山道は少ないのでなかなか面白いコース。

   

f:id:hakobune1216:20190318215454j:plain

雨山峠1

 

 そのあとは,トラバースのある道を40分くらい歩きます。トラバースであぶないところは,鎖がしっかりついていますが,油断せずに歩かないと事故となります。トラバース箇所が多いため,雨山峠は初心者向きではないコースです。

f:id:hakobune1216:20190318215523j:plain

雨山峠2

 

 トラバースを超えたて少し歩けば雨山峠です。最後は階段を上ります。何も眺望はありません。ただベンチがあるだけです。

f:id:hakobune1216:20190318215549j:plain

雨山峠3


まったく面白くないです。所詮 "峠" です。

 

ユーシンロッジまで

 雨山峠からユーシンロッジは下りです。雨山沢沿いに下り,雨山橋を目指します。基本的に沢の横の細い道を延々と歩きます。この道も眺望はありません。細い道を延々を歩きます。転んだら沢に落ちるので注意しながら,慎重に進みます。途中で完全に登山道が崩壊しているところもあり,自分で行けるルートを探す必要がある箇所もありますが,そんなに難易度高くありません。

 雨山橋までくるとあと少しでユーシンロッジですが,ここで想定外の事象が発生。完全に道が崩壊しています。玄倉~ユーシンロッジ方面は,一部で通行止めと聞いていましたが,てっきりもっと玄倉よりかと思っていました。ここまで来てしまったので,崩落した道の脇を通過しました。

f:id:hakobune1216:20190318215626j:plain

ユーシン1

 

 ここを超えて5分もすればユーシンロッジです。通行止めのせいか人の気配はしません。鍵も締まっていました。一応裏手の避難小屋スペースは空いていますが,ホラー映画にでてきそうな雰囲気でした。

 

f:id:hakobune1216:20190318215649j:plain

ユーシン2

 

f:id:hakobune1216:20190318215708j:plain

ユーシンロッジ(内部)

 

前編まとめ

 寄からユーシンロッジまでは,楽しい沢登りとトラバースの連続で楽しめました。ユーシンロッジ手前の道路の崩落は想定外でしたが,一応通り抜けることは可能です。基本的に通行止め区間のため,このコースは使えないコースです。

 良い子は,道路が復帰してから使いましょう。